宮迫博之、EXIT兼近大樹が明かした傲慢エピソードに狼狽 (1/2ページ)

日刊大衆

宮迫博之、EXIT兼近大樹が明かした傲慢エピソードに狼狽

 5月11日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、“チャラ男漫才”で大ブレイクしているEXITの兼近大樹(28)が出演。雨上がり決死隊宮迫博之(49)との意外なエピソードを披露し、宮迫をあわてさせていた。

 この日は、お笑いコンビのEXITが“NEO令和芸人”として登場し、番組MCの明石家さんま(63)や雨上がり決死隊らとさまざまなトークを展開。その中で、家が貧しくテレビを見ないため芸能事情に疎いとアピールしている兼近大樹が、さんまについて「怪獣の棒を持っている“おしゃべりシーフード”」と、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でのイメージそのままに表現して見事に笑いをとっていた。

 そんな兼近大樹に、明石家さんまは「雨上がり(決死隊)とかは(知ってる)?」と質問。それに対し、兼近は「そうだ、これ言おうと思ってたんだ」と切り出すと、宮迫博之に関するエピソードを語り始めた。

「宮迫博之、EXIT兼近大樹が明かした傲慢エピソードに狼狽」のページです。デイリーニュースオンラインは、EXITさんまのお笑い向上委員会宮迫博之雨上がり決死隊明石家さんまエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧