「横一線の戦い」 優駿牝馬 藤川京子の今日この頃

リアルライブ

「横一線の戦い」 優駿牝馬 藤川京子の今日この頃

 桜花賞を見る限りだと、シゲルピンクダイヤが良さそうに見えます。前走もゴール直前まで伸びてきたように見えました。桜花賞組が多く馬券に絡むレースでもあるし、3歳戦なので、間隔が短くても若さでいけると思いますが、先週のヴィクトリアマイルの勝ち馬が骨折していたニュースを考えると前走で激走した馬が逆に少し気になります。

 ちょっと気になるのがコントラチェック。強い馬だと思っていた所に若き天才かもしれないD.レーン騎手の騎乗です。もの凄く嫌な予感します。前走がフラワーC組の勝ち馬が近年で馬券に絡んでいませんが、そのフラワーC組4着からフローラSに出走したシャドウディーヴァが2着だったのです。そうなるとフローラSで勝ったウィクトーリアより、強い可能性があります。フローラS組は馬券に絡む事が多いので、コントラチェックが馬券に絡む可能性は高いと思います。

 今度は桜花賞組との力の比較ですが、エールヴォアがフラワーC2着から桜花賞で7着でしたので、5着のビーチサンバと同等以上の力がコントラチェックにある可能性が高いです。桜花賞5着といっても2着も同然のような僅差の決着です。また、ジョディーもフラワーC5着でフローラSは3着。勝ったグランアレグリアが出走しないとなると、桜花賞2、3、4、5着組とコントラチェックが近い存在だと言う事が窺えます。

 しかも、コントラチェックは前走からの間隔では、他の馬より休息は取れている筈です。もし、桜花賞が見ている側より激走だった場合は、若いとは言え、ちょっと疲れが残っている可能性があるし、ダノンファンタジーが届かないのではなく、差されて4着だった事が気になります。もし、このレースでグランアレグリアの役目を負うとしたら、コントラチェックかもしれません。

 但し、距離が2400mなので、前で持ちこたえられるかはペース次第になると思います。コントラチェックの後ろからジョディーなどが道中で突っつき続ければ、最後の直線は持ちこたえるのは難しい気がします。ダノンファンタジーも、阪神JFの時の様に後ろから攻める戦法に変えると思います。伏兵には、唯一負けが無いラヴズオンリーユーもM.デムーロ騎手だし、まだ力を計れてないのが不気味。

 シゲルピンクダイヤが疲れてなければ馬券に絡みそうで、マルチの軸に良さそうだと思いますが、コントラチェックやラヴズオンリーユーも押さえておきたいです。

ワイドBOX 11、3、13、2

「「横一線の戦い」 優駿牝馬 藤川京子の今日この頃」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧