【エアライン搭乗記】エアアジアXの羽田発クアラルンプール行きに乗ってみた (1/7ページ)

GOTRIP!

【エアライン搭乗記】エアアジアXの羽田発クアラルンプール行きに乗ってみた

エアアジアX(AirAsia X)は、マレーシアのクアラルンプールを本拠地とする、中・長距離路線を運航しているエアアジアの関連会社です。

LCC(ローコストキャリア)のため、受託手荷物の預け入れや機内サービス、機内食は有料オプションになりますが、航空券自体が安いので、お得に海外旅行を楽しむことができます。

今回はエアアジアXの東京(羽田)・クアラルンプール便をご紹介しましょう。

往路の羽田発クアラルンプール行きは1日1便(D7 523便)で、23時45分発(飛行時間は約7時間半)。

深夜便なので、仕事帰りなどに利用できる上に、翌日早朝にはクアラルンプールに到着し、朝から観光を楽しむことがでます。

機体はAirbusA320またはA330で、「LCCだからシートが狭いのかな?」と思われるかもしれませんが、特にそんなこともなく、足元にも余裕がありました。

とてもシンプルなつくりで、パーソナルモニターやスマートフォンの充電などはできません。

ブランケット(毛布)は有料レンタル、もしくは購入となります。深夜便で機内で眠る場合には、少し肌寒さを感じるかもしれないので、上着を持っていくとよいかもしれません。

「【エアライン搭乗記】エアアジアXの羽田発クアラルンプール行きに乗ってみた」のページです。デイリーニュースオンラインは、エアアジアXエアアジアLCC機内食飛行機カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧