山口智子30年ぶり朝ドラ出演も「ロンバケ時代から進歩なし」と辛口批評

まいじつ

山口智子30年ぶり朝ドラ出演も「ロンバケ時代から進歩なし」と辛口批評

視聴率好調が続くNHK朝ドラ『なつぞら』の5月22日放送回に女優の山口智子が登場し、話題になっている。山口は〝伝説の劇場〟ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとして一世を風靡し、引退後はおでん屋『風車』を経営している岸川亜矢美役を演じている。朝ドラ出演は1988年『純ちゃんの応援歌』でヒロインを務めて以来、30年ぶりとなる。

ネット上では、

《山口智子懐かしいな。今後の展開が楽しみ》
《山口智子が岡田将生に「お母さん」って呼ばれてるわw》
《久しぶりにドラマで見た。今でもきれいですね!》

など、歓喜の声が上がったが、一方で厳しい意見も聞こえてくる。

《この人「ロンバケ」のときから演技が全く変わってないな》
《基本的に演技下手だよね。今さら感満載》
《この何となく落ち着かない感じがいつもの山口智子だよね》

「1990年代にはトレンディードラマで高視聴率を連発し、トップ女優として君臨した山口ですが、俳優の唐沢寿明と結婚後は徐々に女優業を縮小し、CMなどを細々とこなしていました。『なつぞら』は100作目の記念作品ということで、過去の朝ドラヒロインとして30年ぶりの出演となったわけです。しかし、昔を知る視聴者からは『演技が平成で止まってる』『また同じ演技かよ』など、散々な言われようですね。もともと、演技派というよりは時代の波にうまくのったトレンディー女優ですから、今となっては野暮ったく見えるのは仕方ないのかもしれません」(エンタメ誌記者)

時代が変わっても演技は変わらず

山口は2015年に、『ロングバケーション』以来、19年振りとなるフジテレビのドラマ『心がポキっとね』に出演した際も、視聴者から「ダサい」「無駄に明るいキャラがうざい」など、ネット上に酷評が殺到していた。

「90年代に山口と並ぶトレンディー女優として人気を博した鈴木保奈美とは、大きな差が付いてしまいましたね。鈴木もヒロインではありませんが、1988年放送の朝ドラ『ノンちゃんの夢』に出演しています。また、17年に放送された『わろてんか』では、ヒロインの葵わかなの母親役として29年ぶりに朝ドラに登場し、変わらぬ美貌と演技力が絶賛されました。石橋貴明と結婚後は山口と同じように表舞台から遠ざかっていましたが、52歳になった今でも圧倒的な存在感は変わりませんね」(同・記者)

山口が登場した際は、ネット上で〝山口智子〟がトレンドワードになるなど大きな話題になったが、「誰だか分からない」「存在感うすいなー」などの声も上がっている。マダム役として登場した比嘉愛未が「きれい!」と絶賛されていたのとはあまりにも対照的だっただけに、山口には厳しい朝ドラ再デビューとなってしまったようだ。

「山口智子30年ぶり朝ドラ出演も「ロンバケ時代から進歩なし」と辛口批評」のページです。デイリーニュースオンラインは、なつぞら朝の連続テレビ小説山口智子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧