小嶺麗奈「田口淳之介を狂わせた」大麻上級者の衝撃手口

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

 元KAT-TUNメンバーの田口淳之介容疑者(33)と、内縁関係にある女優の小嶺麗奈容疑者(38)が、大麻取締法違反(所持)容疑で、5月22日に現行犯逮捕された。

 田口と小嶺を逮捕した関東信越厚生局麻薬取締部(以下、麻取)は、22日の午前中から世田谷区内の自宅を数時間にわたって家宅捜索し、2人が大麻を所持していたと判断。部屋からは「グラインダー」と呼ばれる、大麻を砕く器具や、吸引に用いる巻き紙なども押収したという。

 5月30日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、田口と小嶺の大麻使用の実態について、より詳しく報じている。

「『新潮』の記事によると、麻取の捜査員が部屋に踏み込んだところ、隠す様子もなく無造作に乾燥大麻が置かれていたということで、その常習性や罪の意識の低さがうかがえます。また、2人が使用していたのは大麻の『リーフ(葉)』ではなく、『バッズ(花穂)』だといいます。バッズは大麻草のなかでも幻覚成分を最も多く含んでいる部位ですから、大麻にかなり依存していたんでしょうね」(スポーツ紙記者)

 同日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、過去に小嶺が交際していた相手は、六本木でサパークラブを経営する元俳優で、同店はドラッグの噂が絶えない店として知られていたと報じている。さらに、小嶺は15年以上前から大麻に手を出していたという。

「元交際相手の影響で大麻にハマッていったのかもしれませんね。小嶺は当時、西麻布にあった喫煙器具を取り扱うショップの常連で、1人で来店すると、今回の逮捕でも押収されていた、大麻上級者が使う『グラインダー』を購入していたといいます。また、毎年夏になると大麻繊維のサンダルなどを買いにきていたということで、ファッションも大麻で統一するほどの“大麻信奉者”だとも報じられています」(前出のスポーツ紙記者)

 田口と小嶺の交際が発覚したのが2007年。ジャニーズ事務所は何度か小嶺との交際をとがめたが、田口が応じることはなく、その後、事務所から「彼女とKAT-TUNのどちらを取るんだ」と迫られると、田口はあっさりと「じゃあ辞めます」と言ったと、同じく『文春』は伝えている。

 田口は2016年3月にはグループを脱退し、ジャニーズ事務所も退所。

「ジャニーズ事務所からの退所も、小嶺の意向に沿ったものなのかもしれませんね。今回の『文春』、『新潮』の報道を見るに、大麻使用歴の長い小嶺に誘われて田口は大麻にのめり込んでいったと考えられます。

 田口は麻取の取り調べに対し“10年ほど前から大麻を使い始めた”と供述。KAT-TUNとして活動していたときから大麻を使用していたことが明らかになり、ファンを失望させました。ファンを裏切っても罪悪感を感じないほどに、小嶺と大麻に魅了されていたんでしょうかね……」(芸能プロ関係者)

 これから田口と小嶺を待つのはどんな運命なのか。審判の日を待ちたい。

「小嶺麗奈「田口淳之介を狂わせた」大麻上級者の衝撃手口」のページです。デイリーニュースオンラインは、小嶺麗奈田口淳之介KAT-TUNエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧