相方・矢部太郎とは“分かれすぎた”明暗…カラテカ入江慎也、契約解消の波紋

アサジョ

相方・矢部太郎とは“分かれすぎた”明暗…カラテカ入江慎也、契約解消の波紋

 お笑いコンビ・カラテカの入江慎也が所属事務所の吉本興業から6月4日付で契約を解消されていたことが、6日に判明した。

 6月7日発売の「FRIDAY」のスクープによると、吉本芸人が振り込め詐欺集団の忘年会に、入江の仲介で出席していた模様。出席した芸人として、ロンドンブーツ1号2号の田村亮や雨上がり決死隊の宮迫博之の名前が挙がっている。

「この忘年会は所属事務所を通さない“闇営業”だっただけでなく、犯罪集団絡みですからね。吉本としてもこのような判断になったのでしょう」(芸能記者)

 入江といえば、人脈の広さを売りにしていたが、顔の広さがアダになってしまったということか。

「入江はかつて、雑誌の“モテ合コン”企画に登場して指南したこともありましたが、芸人絡みの合コンをよく主催していたようです。彼の人脈の広さはいつのまにか“友達5000人芸人”と呼ばれるようになっていました。人脈は芸能界だけにとどまらず、スポーツ選手から政治家まで多岐に渡り、いつしか人脈を使ったイベントを開催するまでになっていましたが…」(男性ファッション誌ライター)

 ネットでは「顔を広げるのはいいけど、裏社会まで広げたらアウトでしょ」「入江に巻き込まれた形の芸人たちがどうなるのか心配」「人脈自慢する奴って、結局周りの人たちがすごいだけで自分はたいしたことない場合が多いよね。入江なんてその典型」「ツイッター見ると、解消された後も平気で講演会で喋ってるんだね」「相方とどうして差ができた(笑)」といった反応が寄せられている。

 カラテカといえば、漫画「大家さんと僕」で手塚治虫文化賞を受賞した相方の矢部太郎が何かと話題だが、矢部は漫画の道筋を作っておいて正解だったと言えそうだ。

(石見剣)

「相方・矢部太郎とは“分かれすぎた”明暗…カラテカ入江慎也、契約解消の波紋」のページです。デイリーニュースオンラインは、大家さんと僕矢部太郎カラテカ入江慎也詐欺エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧