前田敦子“ブチ切れ”エピソードに夫・勝地涼への同情殺到「気の毒過ぎる…」

まいじつ

前田敦子“ブチ切れ”エピソードに夫・勝地涼への同情殺到「気の毒過ぎる…」

元『AKB48』の前田敦子が、6月5日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演。専門家たちに子育ての悩みを語ったところ、ネット上では夫で俳優の勝地涼に同情する声が続出した。

前田は自身の性格が遺伝することを恐れているようで、「私のようにいつか爆発する子にならないか心配」と子育ての上で抱えている不安を相談。司会の明石家さんまが「爆発って?」と詳細を尋ねると、「洋服のサイズが少しでも合わなかったり、探し物がすぐに見つからないとパニックになる」などと、情緒不安定な面があることを明かしていった。

前田によると、夫の勝地は探し物を一緒に探してくれるそうで、見つかった後には「(見つかったから)落ち着いてね」などと、なだめてくれる優しい面も持っているとのこと。前田の性格にもしっかりと向き合っている〝良きダンナ〟であることが明らかになり、スタジオも感心したような空気に包まれていた。

絵に描いたようなヒステリー女

前田の〝爆発〟といえば、思い起こされるのは5月末に『週刊文春』でパパラッチされた〝路上ブチギレ写真〟だ。同誌に掲載されたのは、生後2カ月の長男を抱っこ紐で抱いた勝地が、膝の靭帯を負傷していた前田のために車椅子を持って迎えに来た場面。しかし、記事によると前田は車椅子から突然立ち上がり、怒りを剥き出しにして足を引きずりながら走っていったのだという。

50メートルほど進んだところで前田が倒れ込んだため、車椅子を押しながらゆっくりと近付いていった勝地。しかし、立ち上がった前田は鬼の形相で勝地をニラみつけており、大きく口を開けて何かをまくし立てているようだった。

怒りの理由は同誌も確認できなかったとのことだが、当時のネット上には概ね勝地に同情する声が。そして、今回の「ホンマでっか――」でも前田のヒステリーに振り回されていることが明らかになったため、あらためて、

《とんでもない嫁で気の毒過ぎる…》
《振り回しても許されると思ってんでしょう》
《勝地涼の方が心配だわ 前田との結婚生活に神経すり減らしてそう》
《絵に描いたようなヒステリー女だな》
《前田より勝地と子供が大丈夫か心配》

などといった同情が続出した。

思えば、「AKB」時代に激写された『フライデー』でも、号泣しながら俳優の佐藤健に抱きかかえられていた前田。ヒステリックな性格は、オンナの競争社会で培われたのだろうか…。

「前田敦子“ブチ切れ”エピソードに夫・勝地涼への同情殺到「気の毒過ぎる…」」のページです。デイリーニュースオンラインは、勝地涼前田敦子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧