高橋真麻、「社会的に死ぬ……」遅刻の危機告白もその行動に賛否

デイリーニュースオンライン

高橋真麻 オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」より
高橋真麻 オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」より

 フリーアナウンサーの高橋真麻(37)が遅刻の危機に直面したことをブログで明かした。高橋は12日にブログを更新し、「社会的に死ぬ」というタイトルのエントリーを投稿。その中で、「社会人として、遅刻は大罪。遅刻したら社会的に死ぬ」「絶対ダメ!がモットーなのですが」と前置きしつつ、「今日、1時間家を出る時間を勘違いしていました」と寝坊してしまったことを告白した。

 しかし、「迎えにきたマネージャーさんがおかしいなと思いインターホンを押してくれたおかげで気付き5分でお風呂に入り、5分で支度をして新幹線に間に合いました」とマネージャーのおかげで遅刻にはならなかったことを報告。マスクをして落ち込んでいるような自身の写真をアップしつつ、「先日もミスがありまして自信喪失…。改めて気を引き締めないとっ!!」と自戒していた。

 この投稿に高橋のブログには、「完璧な人間はいませんよ!たまには、しかたありません」「結果オーライ!でも、気をつけましょ!」といったエールが集まっていたものの、ネットからは、「出かける前に風呂に入る意味が分かりません」「待たせてるのにシャワー浴びるのか…」「風呂入らなきゃ5分早く着くのに」といったツッコミも寄せられてしまっていた。

 どんなに時間がピンチでもシャワーを浴びる高橋に驚いたネットユーザーも多かったようだ。

「高橋真麻、「社会的に死ぬ……」遅刻の危機告白もその行動に賛否」のページです。デイリーニュースオンラインは、高橋真麻エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧