霜降り明星が“敵”を作りすぎている? 番組スタッフから寄せられた苦情

リアルライブ

霜降り明星が“敵”を作りすぎている? 番組スタッフから寄せられた苦情

 霜降り明星の快進撃が続いている。この春からの本格的な東京進出以降、レギュラー番組のほか、ゲスト出演する番組でも次々と爪痕を残している。だが、同時にその“攻めすぎる姿勢”を心配する声がある。

 霜降り明星の発言で注目を集めているのが、『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)であろう。お正月のお試し放送を経て、4月度からレギュラー放送を開始した。この番組ではさまざまな暴露ネタが登場している。

 「フリートークにおいて、せいやが壇蜜との交際疑惑を週刊誌に直撃されたと話したほか、粗品はあるテレビ番組のお局的なスタッフが陰で自分たちにあだ名をつけており、せいやは『こども』、粗品は『天狗くん』と呼ばれていると話したのです。ただ前者は、報道が出る前の内情暴露となり、業界的にはルール違反。後者も、名指しこそしないものの特定可能なスタッフをネタにしているため、物議を醸し出しそうです」(業界関係者)

 このほかラジオでは、粗品が投稿ネタにダメ出しをするなど、賛否を呼びそうな振る舞いが多い。この姿勢は芸人仲間にも向けられているようだ。

 「粗品は、厳密に見ると3年先輩にあたるミキの兄である昴生に『俺の前を歩くな』と頭をはたくなど、ぞんざいな態度を取ることで知られていますね。このエピソードは『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)ほかで披露されています。さらに、後輩芸人である宮下草薙の草薙航基からは『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、『結果を出しているので認めざるを得ないがめんどうくさい先輩』とも言われています。先輩後輩どちらに対しても接し方が、これまでの芸人にはない独特のスタイルようですね」(前出・同)

 もちろん、彼らは「ネタ」として振る舞っている部分もあるのだろうが、敵を作りやすいともいえる。結果的に、業界内における霜降り明星の孤立化を招くことにもなりそうだ。ネット上でも「尖りたくて尖ってる感じがする」「そのうちラジオで嫌いな芸人とか暴露しそう」といった声も聞かれる。霜降り明星の過激化はどこまで進むのだろうか。

「霜降り明星が“敵”を作りすぎている? 番組スタッフから寄せられた苦情」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧