ロンブー淳、闇営業謹慎の亮に「激怒」も非難殺到の理由 (1/2ページ)

日刊大衆

ロンブー淳、闇営業謹慎の亮に「激怒」も非難殺到の理由

 6月7日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じたお笑い芸人の“闇営業”問題が、いまだ大炎上している。雨上がり決死隊宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら複数の芸人が所属事務所を通さずに、2014年12月に行われた振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、歌やネタなどを披露する闇営業を行っていたとされるこの問題。

 宮迫や田村らは報道直後、振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかったこと、さらにギャラは受け取っていないと強調していたが、金銭の授受があったことが明らかになり、所属事務所が当時の忘年会に出席していた芸人11人を謹慎処分としたことが6月24日に明らかになった。

 当初は金銭の授受がなかったと話していた亮について、相方の田村淳(45)は25日、ツイッターでコメントを発表。

「実はギャラをもらってましたと…亮から聞かされました…ショックでした…知らなかったとは言え、詐欺集団のパーテイーに出て、被害者から騙し取ったお金で支払われたギャラを受け取っておきながら、返金もせず嘘をついて、このままで平気なのか! おまえを軽蔑する! 世間の皆様、所属事務所、番組のスタッフにも正直に全てを話すべきだ! 怒りに任せて言いました。自分の保身の為に正直に言えずに苦しんでたのは電話越しにも伝わってきたけれど…騙されてる人達の方が、おまえの何倍も苦しいよ! 昔の正直者で真っ直ぐなところがなくなったらもう亮じゃない! と叱責しました。

「ロンブー淳、闇営業謹慎の亮に「激怒」も非難殺到の理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、田村亮ロンドンブーツ1号2号宮迫博之雨上がり決死隊田村淳エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧