大谷翔平、今季“投手封印”で浮上した打撃部門の「新二刀流」とは?

Asagei Biz

大谷翔平
大谷翔平

 メジャーリーグの交流戦(インターリーグ)では、大谷翔平もいつもと様相の違う試合を強いられる。6月21日から敵地で行われたナショナルリーグの対カージナルス3連戦では「指名打者制」が使えないため、代打での途中出場となった。

「今季の大谷は代打での途中出場が苦手みたいですね。昨季は代打で3割強の打率を残したのに、今年は4試合ノーヒット。5打席目にようやく初ヒットを放ちましたが(23日)、やはり4打席立たせて光る選手なんですね」(特派記者)

 右ヒジにメスを入れた影響で今年は打者一本。その代わりというわけではないだろうが、エンゼルスは「新たな二刀流」を検討しているという。

「大谷は指名打者としてスタメン出場してきました。打順は3番が多いですが、1番に変更されるようです」(同前)

 理由はいくつかある。大谷の走塁センス、スピードについては、これまでも高く評価されてきた。それに加えて、ブラッド・オースマス監督は事ある度に「大谷は盗塁もできる」と口にし始めている。

「今のところ、炎症が起きるなど手術した右ヒジが悪くなったという報告は全くありません。しかし今は、バッターとして打ち込み練習に時間を割いているので、ピッチャーの練習再開は大幅に遅れそう。無理をさせたら右ヒジを悪化させることにもなりかねず、打者としての起用期間が当初の予定よりも長くなりそうです」(同前)

 たしかに、ピッチャーとしての練習はまだ再開されていない。キャッチボールでも、長い距離を投げる量は決して多くない。全力投球もさせていない。慎重を期しているわけだが、ピッチャーとしての調整・練習には、バッターよりも時間を要するもの。今季後半での投手復帰を目指すとなれば、試合から外して練習に専念させなければならない。そうなると、観客数にも影響してくる。

「大谷が二刀流を封印しているので、地元ファンも去年ほどの盛り上がりは見せていません」(同前)

 観客減に歯止めをかけるには、改めて大谷の魅力を最大限に発揮しなければならない。そのため、大谷の走塁センスを前面に出し、「本塁打&盗塁」という打者部門の”二刀流”をアピールしようというのだ。

 本塁打と盗塁のタイトルを狙う選手といえば、ホセ・カンセコが思い出される。大谷も今季は打者&投手の二刀流をいったん棚上げし、打者部門の両刀遣いのシーズンとなるのかもしれない。 

(スポーツライター・飯山満)

「大谷翔平、今季“投手封印”で浮上した打撃部門の「新二刀流」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ホセ・カンセコ指名打者二刀流交流戦大谷翔平スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧