“元ジャニーズ”川崎麻世が語った「ジャニーさんとの知られざるエピソード」が感動!

日刊大衆

※画像は川崎麻世のオフィシャルブログより
※画像は川崎麻世のオフィシャルブログより

 過去にジャニーズ事務所に所属していたタレントの川崎麻世(56)が10日、自身のブログを更新。同事務所の代表取締役社長、ジャニー喜多川氏(本名:ジョン・ヒロム・キタガワ/享年87)が死去したことを受けてコメントを発表した。

 訃報から一夜明け、「ジャニーさんの御冥福をお祈り致します」というタイトルでブログを投稿した川崎。「ジャニーさんの訃報を耳にしてショックを受けています」と切り出すと、「大阪府枚方市に住む13歳の時に関西のローカル番組に出演中にジャニーさんにスカウトされ上京し、合宿所に遊びに行った翌日に日比谷野外音楽堂でのジャニーズのコンサートに出演という自分の中でもそのスピードとジャニーさんの行動力に驚きました」と若かりし日の出会いを述懐。

 当時はまだジャニーズのタレントは少なく、社員数も10人ほどだったといい、「私のコンサートの楽器やスピーカー等をジャニーさん自ら運んでくださる姿が今でも目に焼き付いています。皆んな家族の様な存在でとても大切にして頂きました」と昔から変わらないジャニー氏の誠実な人柄を明かした。

 1977年、弱冠14歳で歌手デビューすると、川崎は脚の長い美少年アイドルとして華々しく活躍。1989年にジャニーズ事務所を退社したが、現在も舞台に立てるのは「ジャニーさんが海外のミュージカルの素晴らしさを教えて下さったお陰」とし、「13年間お世話になり、育てて頂いた父親の様な存在でした。目玉焼きを乗せたカレーライスはジャニーさんの味でした」「ジャニーさん、本当にお疲れ様でした。沢山の偉業を達成し素晴らしいエンターテイメントを提供して頂きありがとうございました」とお悔やみと感謝の言葉を書き連ねた。

 地方にいた“ダイアモンドの原石”を見い出し、見事に育て上げたジャニー氏。その恩義は事務所を去ってから30年の月日が経った今もなお、川崎の胸にしっかりと刻まれているようだ。

※画像は川崎麻世のオフィシャルブログより

「“元ジャニーズ”川崎麻世が語った「ジャニーさんとの知られざるエピソード」が感動!」のページです。デイリーニュースオンラインは、ジャニー喜多川川崎麻世SNSブログエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧