のんのマネジメント会社社長がぶちまけた“圧力”の実態

週刊実話

のんのマネジメント会社社長がぶちまけた“圧力”の実態

 公正取引委員会(公取委)が元SMAP3人を起用しないように民放各局に圧力をかけたとして、ジャニーズ事務所に注意をしたとの報道が話題になっているが、その実態を女優・のんのマネジメント会社社長が赤裸々に暴露した。

 のんのマネジメントを手がける会社「スピーディ」は18日、福田淳社長名義で「エンタメ産業の未来」と題した声明を公式サイトに掲載。

 16年7月からマネジメントしているというが、「この間、テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、脚本などオファを頂きました。しかし、お話が進むうちに、上司や担当役員によって突然潰されてしまうことが繰り返されてきました。その状態が3年も続いております」と現状を暴露。

 そのうえで、「のんが三年間テレビ局で1つのドラマにも出演が叶わないことは、あまりにも異常ではないでしょうか?エンターテイメント産業も、ひとつの立派な産業であるならば、このような古い体質を変えていかなければなりません」と問題提起している。

 「のんの所属事務所・レプロエンタテインメントの露骨な圧力は有名な話。そもそも、本名の能年玲奈を芸名として使わせず、改名を強いられたのが異常な話。とはいえ、レプロももはやそこまで売れているタレントがいないので、今後、のんへの圧力をかけたことによる“しっぺ返し”を受けることになりそう」(芸能プロ関係者)

 公取委の次のターゲットは決定か?

「のんのマネジメント会社社長がぶちまけた“圧力”の実態」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧