坂上忍は逆ギレ? あの芸能人が「たばこをやめられない」ワケ

日刊大衆

坂上忍は逆ギレ? あの芸能人が「たばこをやめられない」ワケ

 6月に女優の蒼井優南海キャンディーズ山里亮太と入籍したとき、蒼井が喫煙者として知られていたこともあって、嫌煙家の山里とどう折り合いをつけるのかと一部ファンの間で話題になった。今後、出産する可能性があることを考えると、禁煙したほうがいいのだろうが、なかなかやめられないのがたばこというもの。芸能界を見渡すと、肩身が狭くなった最近でも、たばこを手放せないという喫煙者が目立っている。

 禁煙にチャレンジしたものの、途中で挫折してしまったのが加藤浩次だ。4月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、俳優の長渕剛が50歳の誕生日を迎えた加藤に「タバコやめてトレーニングやろうよ」と促したところ、加藤は「たばこ、減らしてたの。1日20から30本吸ってたんだけど、1日3本ぐらいまで減ってた」と減煙にチャレンジし、それが順調だったことを明かした。てっきり、そのまま禁煙を成功させるものだと思いきや、加藤は「今、この3本が超うまいんだよ!」と切り出すと、「禁煙をやめることを決めました!」とまさかの“禁煙中止”を宣言。これには、出演者たちも驚きを通り越し、苦笑いを浮かべていた。

 俳優の遠藤憲一も一時期、たばこの本数を1日3本まで減らしたものの、逆戻りしてしまっている。なんでも、喉の調子が悪くなった際にたばこの本数を減らしたそうだが、今では1日1箱近くも吸っているという。撮影現場では咳をしながらたばこを吸う姿がたびたび目撃されており、撮影スタッフからは遠藤の体を心配する声が絶えないようだ。妻からたばこと酒のどちらかを絶つよう迫られた際には、禁酒を選んだというほどの愛煙家だけあり、なかなかやめられないようだ。

■坂上忍は喫煙ルールに異議

 打って変わって、まったく禁煙しそうにもないのが、たばこを1日80本も吸うという俳優の坂上忍。2016年5月16日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、電子たばこの路上喫煙について許せるか否かという話題になったところ、坂上は路上喫煙禁止区域のルールに電子たばこが入っていないのなら「吸ったっていい」と主張。それに対し、「許せない」派の野々村真が子どもたちのことを考えるべきだと反論すると、坂上は「自分たちがやらないものに対してダメダメって言うのは横暴すぎない?」と愛煙家の気持ちを代弁し、「合法的なものなんだから、なんの文句があるの?」と憤っていた。

 ちなみに路上喫煙といえば、俳優の野村周平が炎上していた。今年1月に歩きたばこをしている野村の姿を一般人が撮影した動画がツイッターで拡散されたところ、それを見た人たちから野村に対する批判が相次いだ。だが、これに対し、野村は自身のツイッターで「歩きタバコ? 盗撮だろその前に」と反論。ところが、こうした野村の態度が火に油を注ぐ形となり、ネット上では「歩きタバコは迷惑です」「小さい子もいるんだから、歩きタバコは良くないよ!」など、さらなる批判が相次いでいた。

 最近はSNSに喫煙している姿の写真を載せただけで、批判されてしまうほど愛煙家の芸能人には厳しいご時世。そんなに風当たりが強いのなら、いっそのこと、禁煙に踏み切ってしまったほうがいいかもしれない!?

「坂上忍は逆ギレ? あの芸能人が「たばこをやめられない」ワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、野村周平蒼井優遠藤憲一坂上忍山里亮太カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧