ひどい環境の中で固い絆を結んでいたガチョウとミニチュアホース。保護された後もガチョウは馬を守ろうと必死(アメリカ) (2/7ページ)

カラパイア



この投稿をInstagramで見る

Bucks County SPCAさん(@buckscountyspca)がシェアした投稿 - 2019年 9月月3日午前9時43分PDT



・ひどい環境の中で寄り添いながら暮らしていた1頭と1羽

 農場から救出され、新しい環境にやってきた彼らはすぐ一緒に過ごし始めた。だが、スタッフがその特別な関係をはっきり確信したのはミニチュアホースのワッフルがある感染症にかかった時だ。

 なんとガチョウのヘミングウェイがワッフルを慰めるような仕草をするようになったのだ。そのふるまいは連日のように続き、どうみても相棒を励ましているようだった。

 「一緒にいると幸せそうでねぇ。
「ひどい環境の中で固い絆を結んでいたガチョウとミニチュアホース。保護された後もガチョウは馬を守ろうと必死(アメリカ)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧