『鉄腕ダッシュ』絶滅危惧種のカヤネズミ映像に専門家が苦言

日刊大衆

『鉄腕ダッシュ』絶滅危惧種のカヤネズミ映像に専門家が苦言

 TOKIO城島茂(48)が、都内某所の里山で絶滅危惧種のカヤネズミを発見。親指サイズのかわいい姿が視聴者を喜ばせていたが、一方で注意をうながす声があがっていた。

 この様子が見られたのは、9月15日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の“新宿DASH”コーナーでのこと。新宿区高田馬場のベース基地のハート池に、ホタルをすみつかせるための環境づくりのヒントを求め、TOKIOの城島と国分太一(45)は“ホタルの楽園”だという里山へ。

 2人は広大で美しい自然の中に入っていき、都の絶滅危惧種であるシュレーゲルアオガエル、国の絶滅危惧種のマルタニシと、貴重な生物を発見。続いて、城島が背丈の高い草をかき分けると、なにかと目が合ったらしく「なにか動物がおる!」「目合っちゃった」と報告した。

 そこにカメラが迫ると、草木の間に作られた巣の隙間に、日本の在来種のネズミの中で一番小さい、都の絶滅危惧種であるカヤネズミの姿が。親指サイズの6センチで、軽い体と長いしっぽを巧みに使って、葉っぱを器用に編み込んでいく“湿地の巣作り名人”だという。

 どうやら子育ての真っ最中で、親ネズミが子どもにエサを運んでいる姿も見られ、視聴者はツイッター上で「かわゆいカヤネズミが見られたので、幸せ」「子どもの頃、図鑑でカヤネズミを見てからずーっと会いたかったんだよね! 鉄腕DASHで見られて感動した」と大喜び。

 また、カヤネズミの専門家も番組を見ていたようで、「巣だけじゃなくて、生体までよく撮れたなー、と感心して見ていました」と称賛していたが、イメージ写真としてカヤネズミがチューリップの花の中にいる自然の中ではありえない姿や、巣を大きく開けて撮ったと思われる親子の姿が紹介されたことに、「飼育下で撮影されたもの」だと注意書きがなかったと苦言。

 また、動物の保護活動をしているという人も、むやみに近づいて驚かせてしまうことを危惧して、もしカヤネズミを見つけても「決して巣には近寄らず、2メートルは離れて観察してくださいね」と、注意を呼びかけていた。

「『鉄腕ダッシュ』絶滅危惧種のカヤネズミ映像に専門家が苦言」のページです。デイリーニュースオンラインは、鉄腕ダッシュ城島茂国分太一TOKIOエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧