このままだと引退危状態に追い込まれそうな“タピオカ騒動”で渦中の木下優樹菜

週刊実話

このままだと引退危状態に追い込まれそうな“タピオカ騒動”で渦中の木下優樹菜

 タレントの木下優樹菜(31)が9日、インターネットテレビ局「AbemaTV」で来月2日にスタートする恋愛バラエティー「こじらせ森の美女」の取材会に出席したことを、各メディアが報じた。

 恋愛下手な女性を取り上げるという同番組。木下は10年にお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(48)と結婚しているが、「呼んだら絶対来るので、それが楽しくて何度も呼んじゃう」と円満ぶりをアピールしたのだが…。

「『こじらせ』といえば今の木下にピッタリ。今月6日、自身のインスタで実姉が勤務していたタピオカ店の給与未払いなどを告発。ところが、その後、木下から店の店長に対して“どう喝ダイレクトメール(DM)”が送られたことを暴露され、取材があった日にインスタで謝罪。しかし、どのメディアもその件に触れず、事務所の圧力があったことは明らか。木下に対して“批判の嵐”が吹き荒れている」(芸能記者)

 芸能界入りする前はヤンキーだったことを公言していた木下。ネット上でさらされた“どう喝DM”では「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などと書き込んでいた。

「1児のママになっても中身は昔と変わらず。タピオカ店側は木下に対して法的措置を検討していることを一部メディアに明かした。もし裁判沙汰にでもなったらAbemaの番組も降板せざるを得ないだろうし、事務所をクビになる可能性も。となると引退危機だろう」(同)

 すっかり“素”の部分を出して相手方を追い込んだつもりが、自分が崖っぷちに追い込まれてしまったようだ。

「このままだと引退危状態に追い込まれそうな“タピオカ騒動”で渦中の木下優樹菜」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧