渡辺美奈代、「ある意味、虐待?」愛犬のおやつ選びに批判殺到

デイリーニュースオンライン

Photo by creative1the(写真はイメージです)
Photo by creative1the(写真はイメージです)

 タレントの渡辺美奈代(50)が16日、自身のブログを更新した。

 渡辺は先日、「愛弥と名月が赤ちゃんの頃に使っていた食器!(中略)大切にとっておいたら、、、愛弥、名月が結婚して赤ちゃんが産まれたら使ってくれるのでしょうか?」とつづり息子たちが幼少時代に使用していた食器を公開。しかし、ネット上からは「こんな姑は嫌」などの非難の声が寄せられていた。

 そんな渡辺はこの日、「わんちゃんおやつと、、、」というタイトルでブログを更新し「リルとミニーのおやつと缶のごはんも買い置き!リルさんがアレルギーでたべれない鶏、馬、エンドウ豆が入っていないか?チェックしながら選ぶの大変。リルは、クリニックで買っているサーモンのごはんなんですが、、、万が一ミニーちゃんのを食べてしまった時の事考えてチョイス!牛肉とチーズって書いてあっても原材料に鶏エキスって書いてあるんですよねぇ〜大変」とつづり、ドッグフードの写真をアップした。

 しかし、この渡辺の投稿に対してネット上からは様々なツッコミが寄せられている。

「2匹とも同じものあげれば間違って食べてしまう心配もないのに」

「別の物をあげるなんて、食べそうになったら怒るの?だったら同じ物で十分。理解できないんだからある意味、虐待だよね」

「アレルギーの犬のごはんを選ぶのが大変だって。。。」

「アレルギーあるワンコに合わせて同じ物あげればいいのに」

 コメントにもあるとおり、2匹それぞれのアレルギーのある食品が全く入っていないおやつを選べばそれで事足りる話ではある。一方で、人間と同様に犬にも食の好みがあるため、渡辺はそのあたりのことまで考慮したうえでおやつを吟味しているということなのかもしれない。

「渡辺美奈代、「ある意味、虐待?」愛犬のおやつ選びに批判殺到」のページです。デイリーニュースオンラインは、渡辺美奈代エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧