剛力彩芽との“妄想”を爆発させた明石家さんまに「気持ち悪い」の声

週刊実話

剛力彩芽との“妄想”を爆発させた明石家さんまに「気持ち悪い」の声

 タレントの明石家さんまが、ZOZO創業者の前澤友作氏と破局報道があった女優・剛力彩芽に言及し、話題になっている。11月16日放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、共演者の村上ショージから「今、優しくしてあげなアカン女性、できたんちゃいます?」と振られ、「うん、帰ってきたな」と返すも、「もう僕は振り回されることはしませんから」と話した。

 かつてファンだと公言していた剛力が前澤氏と交際していることが発覚したときには、“ゾゾタウン”に引っ掛けて「おれ今“ここダウン”。ハート。ここがダウン」とジョークを交えながらも傷心を表していたさんま。しかし、「今さらな。万が一、『やっぱり私が間違っていた』とか『やっぱり、さんまさんが…』とか声掛けられても、今さらやんか。一度、人手に渡ってやな…もともと、俺の手ではなかったけど」などと、妄想を交えて爆笑を誘った。

 このさんまの発言に、ネット上では、
《それ分かる。今さらやな。逃げ道というかキープ扱いされて一緒はないな》
《さんまさんは、本当に剛力彩芽さんのことが好きではなかったんだと思います》
《もともと言っているほど剛力さんに興味ないでしょ?》
《さんまさんは別にラブじゃなくて、ファンとしての話をしてるんじゃないですかね》

 などと、さんまの言葉を読み解く意見が出てきた。しかし、匿名掲示板では、
《ネタだとしても気持ち悪い》
《『やっぱり私、間違っていた』とか『やっぱりさんまさん』って言葉を掛けられてもって、さすがに剛力でもこんなこと言わない。妄想キモ過ぎ》
《別に付き合ってたわけでもないでしょ。なぜ恋愛の対象になれると思えるのか不思議》
《脳内妄想で一人相撲してるモテナイ男。気色悪》

 など、嫌悪感をあらわにしたコメントが殺到してしまった。

 以前ならば、こうした批判的な声が出ることはなかったさんまだが、やはり存在自体が時代遅れになってきているのかもしれない。

「剛力彩芽との“妄想”を爆発させた明石家さんまに「気持ち悪い」の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧