2020年までに従来型金融システムの打破を狙う、DeFIプラットフォーム Plutus (1/3ページ)

バリュープレス

Plutusのテストネットでのローンチの成功によって示された、消費者が自身の「銀行」になれる未来は近い

銀行は取引や資金調達に欠かせないサービスだ、と消費者は口々に言います。しかし、それは今日の世界においても真でしょうか?


既存のプロセスに起因する問題の核心から目を逸らしたまま、銀行や仲介業者として機能している金融業界へテクノロジーを導入してゆく事例を我々はいくつも目の当たりにしてきました。消費者は、ただ利便性を享受するために、「改善された」と銘打たれる変わらないプロセスと, 競合する取引手数料を受け入れ続けさせられています。現代においては情報とデータが安全に取引されており、金融機関とフィンテックは消費者の金融に関する意思決定の責任を委ねられています。

現在の金融システムの先を見据えて

越境的な取引には、消費者にとって高い利益と手数料が伴います。このプロセスは、デジタルの世界でなら瞬時に行えるにも関わらず、長い時間がかかる場合があります。これは、現行のシステムで必要だとされる非効率的な仲介者やプロセスによるものです。


銀行は、口座に預けられたお金を元手に投資を行うことで利益を上げています。しかし、これらの投資の利回りから稼ぎ続けられることはほぼありません。物事のあり方を変えるインセンティブがないがために、金融構造は銀行を破綻させるに至りました。

消費者は、自分の経済活動に銀行は不可欠である、という前提から抜け出す必要があります。

興味が出ましたか?解決策はここにあります。

銀行はシステムに根本的な問題を抱えています。よって、仲介者がいなくても借入と貸し出しを可能にするソリューションが求められます。そして今日の技術でなら、それが実現できるのです。


では、我々の提案するソリューション、”Plutus”をご紹介しましょう。これはブロックチェーンテクノロジーを用いた安全な自動化によって金融サービスを提供するというシステムです。 Plutusのインフラストラクチャは、より高い効率性と低い料金で現代のユーザーのニーズに応えます。

「2020年までに従来型金融システムの打破を狙う、DeFIプラットフォーム Plutus」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧