木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚

ゴゴ通信

木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

木下優樹菜がInstagramに「たかし愛してるずーっと❤ちゅ」という、縦読みを投稿していたことが発覚した、その相手は誰だと話題になっている。

そんな「たかし」候補が現れたのだ。

サッカー選手の乾貴士(いぬいたかし)が過去にInstagramに「ゆきな大好き」と投稿していたことが発覚した。

木下優樹菜の言っていた「たかし」とは乾貴士だったのか。仮に愛してるとしても、ファンとしてなのか、本当に愛しているのか、それにより当時結婚しているフジモンは複雑な心境である。

こうした文章の一部を縦読み(または横読み)することをアクロスティックという。
暗号のような意味があり特定の相手に言葉を伝える際に用いる。

木下優樹菜

「木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚」のページです。デイリーニュースオンラインは、乾たかし乾貴士アクロスティック縦読みInstagramエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧