高橋みなみ「うるさい」批判の声が殺到『大食い王』選手も無視 (1/2ページ)

日刊大衆

高橋みなみ「うるさい」批判の声が殺到『大食い王』選手も無視

 元AKB48メンバーでタレントの高橋みなみ(28)が、1月12日放送の『最強大食い王決定戦2020』(テレビ東京系)で新MCを務めたものの、競技中に選手に話しかけすぎなどと、視聴者から不満の声が相次いでいた。

 この番組のMCは、お笑いタレントで俳優の中村有志(63)が22年間務めていたが、16年春の女王戦を最後に勇退。その後、俳優でタレントの照英(45)が2代目MCを務め、18年放送の『大食い女王決定戦2018』から高橋が3代目MCを務めている。

 そして、今回の放送は、17年以来2年半ぶりの『大食い王決定戦』で、高橋は初めて男女混合戦のMCを務めることに。東京・大阪・福岡の3か所で行われた予選では、日本だけでなくアメリカや台湾から大食い自慢たちが参戦した。

 高橋がMCとして登場したのは本戦の1回戦からで、「肉」「米」「麺」の3つのグループに分かれたリーグ戦が行われた。ゲストにお笑いコンビのカミナリ、解説にジャイアント白田(40)を迎え、高橋は熱戦を実況していたが、選手たちが食べている最中にもかかわらず話しかけるシーンがしばしば。

 これに対し、“魔女”こと菅原初代(56)は無視して食べ続けたが、他の選手たちは食べることを中断して対応。このやりとりを見ていた視聴者は、ツイッター上で「たかみなかん高い声がうるさい。

「高橋みなみ「うるさい」批判の声が殺到『大食い王』選手も無視」のページです。デイリーニュースオンラインは、カミナリ照英大食い王決定戦高橋みなみエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧