「加藤浩次の乱」の功名!「クビ寸前」だった近藤春菜の大逆転!

日刊大衆

「加藤浩次の乱」の功名!「クビ寸前」だった近藤春菜の大逆転!

 1月23日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、俳優の東出昌大(31)と女優の(33)が、東出の不倫が原因で別居をしていると報じた。

 東出の不倫相手とされた女優の唐田えりか(22)の所属事務所は、1月22日夜にコメントを発表。

<今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております>と説明し、<自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています>と、不倫を認め、今後は行動を律すると綴っている。

「東出と唐田は2017年頃より、約3年間にわたって関係を続けてきました。各ワイドショーや朝の情報番組でも東出の不倫騒動を取り上げていますが、中でも『スッキリ』(日本テレビ系)に出演した、ハリセンボン近藤春菜(36)のコメントには、共感の声が寄せられています」(芸能記者)

 1月23日、近藤はレギュラー出演する『スッキリ』で、「ファクスの中で“ひたすら後悔にさいなまれ苦しんでおります”っていう一文があった。そこに違和感を感じた」と切り出し、「3年という期間で不倫という関係にあって、魔が差してやってしまったという期間ではない。長い期間だと思う」「報道によるとですけど、杏さんが妊娠中だった。一番苦しいのって、杏さんだったと思う。キツい言い方だけど、自業自得にもかかわらず、東出さん側から“苦しんでいる”っていう表現をしてほしくなかった」と、東出のコメントに違和感を感じたと指摘した。

「さらに近藤は、“苦しいって言葉は一番使っちゃいけない。東出さんが苦しいっていうのは正直どうでもいい”と、厳しく東出を非難しています」(前出の芸能記者)

 近藤のこれらの発言にはネットでも「近藤春菜に同感」「確かに苦しんでるのはむしろ杏ちゃんのほう」「本当に春菜さんの言う通りだと思う」といった声が上がっている。

 日本テレビ関係者は話す。

「2016年3月に『スッキリ』に起用された当初、近藤は自分の意見を言うことができず、番組に積極的には参加してきませんでした。『スッキリ』は一時、視聴率が低迷し、大幅リニューアルも検討され、その際に“もう近藤は番組を卒業させよう”という意見もあったといいます。ところが、昨年6月、お笑い芸人の闇営業問題を発端にした“加藤の乱”で彼女は大きく変わった。彼女自身も号泣して、私見を述べたあの出来事で、近藤の中で大きな心境の変化があったのでしょう。以降、しっかり自分の意見を述べるようになり、打ち合わせなどでも積極的に話すようになったといいます。

『スッキリ』に近藤を起用しようと提案したのはMCの加藤浩次(50)。彼の起こした“加藤の乱”に触発されたのか、今ではコメンテーターがすっかり板についていますよね」

 ハリセンボン春菜のコメントで、多くの視聴者が“スッキリ”しているようだ。

「「加藤浩次の乱」の功名!「クビ寸前」だった近藤春菜の大逆転!」のページです。デイリーニュースオンラインは、唐田えりか近藤春菜ハリセンボン加藤浩次東出昌大エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧