ブルゾンちえみ『ヒルナンデス!』卒業へ… 無能過ぎて日テレお手上げ!?

まいじつ

ブルゾンちえみ『ヒルナンデス!』卒業へ… 無能過ぎて日テレお手上げ!?

「35億」のキメ台詞で有名な女優・アーティスト・タレントのブルゾンちえみが、今春の改編をもって『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)レギュラーを卒業するとウワサされている。

ブルゾンが同番組のレギュラーに就任したのは、約1年前の2019年4月。しかし、番組内ではおよそ〝本業〟の芸人とは思えない振る舞いを連発し、今や番組の〝お荷物扱い〟がすっかり板につくほど視聴者から反感を買っている。

「ブルゾンの出演する水曜日の『ヒルナンデス!』は、現在、視聴者の間で『最弱の曜日』と呼ばれています。番組を安定的に盛り上げられるのは『オードリー』だけで、まだまだバラエティー慣れが足りない『和牛』、スター気取りの態度で視聴者をイラつかせているつるの剛士と、面子は他の曜日に比べて1枚も2枚も劣る惨状。その中でもブルゾンの評判は特に悪く、芸人なのにボケないどころか、その態度からは番組を盛り上げようとする意欲すら感じられません」(テレビ雑誌編集者)

いつまでたっても結果を残せず…

ネット上でも、水曜日の放送は特に荒れ模様。とりわけブルゾンに対する風当たりは強く、「番宣女優よりもおとなしい」「立って飯食ってるだけ」「お荷物は南原だけでいいのに」など、毎週さまざまな批判を受けている。

そしてついに、制作サイドもこの状況を無視できなくなったようで…。

「ご存じの通り、ブルゾンがブレークするきっかけとなったのは、2017年新春に放送された『おもしろ荘』(日本テレビ系)。その後も、同年の『24時間テレビ』マラソンランナーや『行列のできる法律相談所』準レギュラーに起用されるなど、イモトアヤコよろしく〝日テレ専属〟と言っていいタレントとなっています。しかし、もともと女優志望だったブルゾンはバラエティーで結果を残そうとしない上、NG項目だけは大御所並。次第に制作側はイライラを募らせていたのですが、その声が上層部にも響き、ブレークから丸3年となる今年で〝局を上げてのバックアップ〟をやめる方針が決まったそうです。『ヒルナンデス!』のレギュラーも、4月の改編で降板することが濃厚。まぁ、今のブルゾンは制作側としては扱い難い人材でしかありませんから、残念ながら当然だと言えるでしょう」(同・編集者)

一時は〝時の人〟となったブルゾンだが、実力不足を露呈させたことで、最大の後ろ盾すらもなくしてしまったようだ。

「ブルゾンちえみ『ヒルナンデス!』卒業へ… 無能過ぎて日テレお手上げ!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ポンコツブルゾンちえみヒルナンデス!日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧