ゆきぽよ、妹のゆみぽよ“ギャル化計画”に批判の声「一方的で悲しい」 (1/2ページ)

日刊大衆

ゆきぽよ、妹のゆみぽよ“ギャル化計画”に批判の声「一方的で悲しい」

 モデルでタレントの“ゆきぽよ”こと木村有希(23)が、高校1年の妹の友美(16)さんを強引にギャル化しようとしていることに、視聴者から批判の声が寄せられたようだ。

 これは、2月10日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の2時間スペシャルでのこと。番組後半の「兄弟のアブない秘密を暴露!」と題したコーナーにゆきぽよが登場し、ギャル全開のキャラで活躍中で、現在、全国のギャルのために“ギャルの教科書”を製作中だと紹介された。

 続いて、友美さんは“ゆみち”というニックネームで呼ばれ、学校の試験で学年1位を獲得するほど優等生だと紹介された。友美さんは姉のゆきぽよに「友美“ギャル化計画”がしつこい」という不満を持っていて、先日もゆきぽよのユーチューブチャンネルに呼ばれ、無理やり「ギャルになります」と宣言させられたという。

 さらに、ユーチューブの企画で、ヤル気ゼロなのに髪色を初めて変えさせられたそうで、友美さんは「このまま(黒髪)でいいのに、なんで、わざわざ染められるんだろう」と思ったという。それに対し、ゆきぽよは「ギャルが1番かわいい。かわいい妹にギャルになってほしい」と訴えた。

 ゆきぽよは妹をギャルにする理由を、友美さんが小学生のときに友達にイジメられたことだと明かし、ムカついて学校に乗り込んだと振り返った。これをキッカケに妹をずっと気にかけており、ギャルになったらポジティブになれるし、友達も増えるし明るくなれると、“ギャル化計画”の信念を語った。

 続くロケでは、ゆきぽよにファッションとメイクの指導を受け、かわいいギャルに変身した友美さんは「だんだん考えが変わってきて、ギャルをかわいいと思うようになった」「姉は昔より大事な存在。友美に対しては、ちゃんとしたお姉ちゃん」だとコメント。最後に手紙で感謝の思いを使えると、ゆきぽよは涙を流して喜んでいた。

「ゆきぽよ、妹のゆみぽよ“ギャル化計画”に批判の声「一方的で悲しい」」のページです。デイリーニュースオンラインは、ゆきぽよ有吉ゼミ有吉弘行ギャルエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧