徳川家康が好んだ香木・沈香の香りをふんだんに調合した 「名古屋城のお香」が発売 (1/2ページ)

Japaaan

徳川家康が好んだ香木・沈香の香りをふんだんに調合した 「名古屋城のお香」が発売

「明智光秀のお香」や「織田信長のお香」など、人気の戦国武将のイメージを香りに落としこんだお香を発売する梅栄堂から、新たに日本のお城をイメージしたお香が発売されます。

3月28日(土)に発売されるのがこちらの「名古屋城のお香」です。

名古屋城のお香…いったいどんな香りなのかと言うと、名古屋城を築城したとされる徳川家康の好んだ高級香木・沈香をふんだんに調合して作られたお香なのです。

なんでも徳川家康は、南国から香木・沈香などを取り寄せて香りを楽しんでいたそうなのです。ちなみに梅栄堂では徳川家康自身をイメージした「徳川家康のお香」も発売しています。

「名古屋城のお香」のパッケージは、名古屋城の金のシャチホコや屏風を彷彿とさせる金色パッケージとなっています。

「名古屋城のお香」は約30g(約90本)で1,200円(+税)。

「徳川家康が好んだ香木・沈香の香りをふんだんに調合した 「名古屋城のお香」が発売」のページです。デイリーニュースオンラインは、名古屋城お城徳川家康お香カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧