工藤静香、玉ねぎの皮を捨てずに保存する習慣に驚きの声

デイリーニュースオンライン

インスタグラム:工藤静香(@kudo_shizuka)より
インスタグラム:工藤静香(@kudo_shizuka)より

 歌手の工藤静香(50)がインスタグラムにアップした写真が波紋を広げている。

 これまでさまざまな手料理写真をアップし、ファンから反響を集めてきた工藤。手の込んだ料理やお菓子から、簡単に作れるおやつまでその幅は広く、投稿のたびに「さっそくマネした」という声も多く寄せられている。

 そんな工藤だが、20日にインスタグラムのストーリーズを更新し、火にかけたお鍋の写真をアップ。写真には、「玉ねぎの皮がたまったので、切れ端野菜で1時間出汁を取ります」とつづられていた。鍋の中には、玉ねぎの皮やニンジンのほか、セロリの端なども見えていたが、この野菜くずを使い、「ベジブロス」と呼ばれる出汁を作っていたようだ。

 しかし、この写真にカルチャーショックを受けたネットユーザーも少なくなかったようで、「玉ねぎ使った料理を作って玉ねぎの皮がたくさん出たから煮込んで出汁取るならまだ分かるけど、溜まったのでって…」「玉ねぎの皮なんてすぐ使わないなら捨てなよ…」「皮とか切れ端をためこんでるのがよく分からない。肥料にすればいいのに」という声が寄せられてしまっていた。

 食品ロスをなるべく少なくするという素晴らしい取り組みだが、ドン引きの声も集まってしまったようだ。

「工藤静香、玉ねぎの皮を捨てずに保存する習慣に驚きの声」のページです。デイリーニュースオンラインは、工藤静香エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧