【医師たちのリアル恋愛事情】ドラマ以上に乱れた不倫だらけの院内恋愛 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

ドラマ『医師たちの恋愛事情』公式サイトより
ドラマ『医師たちの恋愛事情』公式サイトより

【フリーランスドクターXのぶっちゃけ話】

 ドラマ『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系/木曜よる10時〜)の医療アドバイザーを務める現役女医・筒井冨美が、ドラマに描かれる医療現場のリアルを解説する。

不倫旅行を兼ねての「学会出張」

 サラリーマンの不倫カップルが最も盛り上がり、かつ発覚しやすいのが出張であろう。異郷でのお泊り愛で、非日常的な解放感が味わえると同時に、会社や家庭に対してのアリバイ工作がしやすい。同様に、医者の不倫カップルは学会出張に絡んで発覚することが多い。

 2003年放映の『白い巨塔』(フジテレビ系)では、唐沢寿明演じる財前教授はポーランドへの学会旅行に、黒木瞳が演じるクラブママの愛人を同伴させる。2008年放映の『風のガーデン』(フジテレビ系)では、中井貴一が演じたモテモテ准教授は、学会中に自分のホテルに友人を招いて身の潔白をアピールしつつ、ちゃっかりと平原綾香が演じた愛人を別のホテルに待機させていた。『医師たちの恋愛事情』の外科教授も愛人秘書を学会出張に同行し、なおかつそれを研究費で支払ったことが発覚して、第3話で辞任に追い込まれた。

 リアルな病院社会においても、学会に愛人を同伴する医師は後を絶たない。前回記事にあるように、古典的にはホステスや秘書を同行させるパターンが多いが、中には売店のオバちゃんを同伴したツワモノも実在する。また、愛人が看護師の場合には職場や家庭に出張日程を長めに偽って、「最後の一日はラブラブデート」というパターンが多い。あるいは、医師・看護師とも参加資格のある学会を選んで両名揃って参加する、というのもアリのようだ。

前回記事:【医師たちのリアル恋愛事情】ナースじゃない!? 医大教授の意外な不倫相手

 さらに、近年増加中の「女医が愛人(前回記事参照)」のケースで、中でも双方の医師が同科の場合には、学会を口実にした密会が非常に多い。残念ながら脇が甘い不倫初心者も多く、神戸市で開催された学会で有馬温泉の宿泊とか、札幌市で定山渓温泉とか、「もっと離れた場所を選べ!」と言いたくなるような、安易なデートスポットを選ぶカップルが目立つ。

脇が甘すぎる不倫ドクターも続出

 中には、学会最終日の飛行機内で【ABC| |DEF】と並んだC席とD席に通路を挟んで仲良く並んで座って平然としていた教授&女医も実在する。当然ながら同じ飛行機には学会関係者が多数同乗しており、C席とD席の間の通路を通った同業者にはバレバレとなり、「あれ、全く隠蔽工作になってないよなぁ~」と評判になったこともあった。この熟年カップルは、羽田空港内では比較的おとなしかったが、空港モノレールの車内でも再びイチャイチャモードになり、コッソリ撮影された写真は学会関係者に広く転送された。

 この手の密会出張では、女性の荷物が日程に見合わない大きさなのも特徴的である。おそらく、「学会用スーツ一式」に加えて「デート用勝負服一式」の2パターン揃えるという女心なのだろうが、噂の女医が学会場のクロークで不相応に大きい荷物を預けるのを目撃すると「やっぱりね……」と思わざるを得ない。

「【医師たちのリアル恋愛事情】ドラマ以上に乱れた不倫だらけの院内恋愛」のページです。デイリーニュースオンラインは、筒井冨美ドクターXドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧