【テレ朝関係者が暴露】加地Pだけじゃない!女子アナにも蔓延する”局内不倫”の実態 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

テレ朝でまたもや騒動が勃発?
テレ朝でまたもや騒動が勃発?

 報道番組『報道ステーション』の「古賀・古館論争」や、島本真衣アナ(31)の離婚騒動など最近、世間を騒がせているテレビ朝日だが、またよからぬニュースが報じられた。雨上がり決死隊のトーク番組『アメトーーク!』、『ロンドンハーツ』などのヒット番組の演出で知られる加地倫三プロデューサー(46)の不倫・離婚騒動だ。

 だが、今回の騒動はテレ朝の“社風”をあらわす出来事だ。

 筆者は元テレビ朝日の契約社員として2000年代初めから数年間在籍し、退職後の今も夫がテレビ朝日の正社員なのである程度、内部事情は詳らかに入ってくる立場にある。現在もフリーアナウンサーとして、テレ朝にはときどき出入りしている。そんな筆者が見聞きしたテレ朝の不倫体質についてあくまでも私が知る限りの話を述べていきたい。

A子さんの同期女性社員は“既婚者狂い”!?

 さて、報道によると加地Pは愛人のA子さん(同じく同局プロデューサー)と10年前から深い関係にあったという。この10年という年数がポイントではないか。私が知る限りすくなくとも10年前の昔から、テレ朝社内での不倫話はよく耳にしたものだ。

 テレ朝で不倫は文化かどうかわからないが社風であることは間違いない。当時、一緒に働いていた同僚たちからもよく聞かされていたものだ。ちょうど加地Pの不倫騒動が伝えられた日、テレ朝勤務の夫と六本木ヒルズ・テレ朝社員食堂でランチを楽しんでいたとき彼とこんな話題で盛り上がった。

「加地Pには報道された愛人とされる女性のほかにも親しい女性がいるよ。不倫関係かどうかはわからないけど。だいたい加地Pの愛人とされる女性の同期とその下の代に“既婚者狂い”が多いんだよね。案外、そんな連中が週刊誌に加地Pと愛人女性を妬んでリークしたんじゃないかな」

社内で不倫相手とLINEでやりとり

 そもそも他業種に比べて放送局は不倫が蔓延る空気が蔓延している。深夜勤務、不規則・長時間勤務から家よりも会社にいることが多い。テレ朝のHPや社員のFacebookなどを見てもらえればわかるが、アナ職以外でも女性は美人揃い、男性もテレビ局に入社するだけの資質に恵まれた人なので、基本、“肉食系”だ。年収も30代前半で1000万円、30代半ばでも1200万円はある。経済的にも恵まれている。不倫を行なうにはとても恵まれた環境にあるのだ。

「あまりいい趣味じゃないけどさ。加地Pの愛人とされた同期の女性社員のスマホいじってるとき、ちょっと見えちゃたんだよね。そいつ、うちの上司とラインのやり取りしててね、『今度2人で飲みに行きましょう』とか『大好きです!』とか書いてるの。社内でやるなよなって思うよね(笑)」(テレビ朝日の社員)

「【テレ朝関係者が暴露】加地Pだけじゃない!女子アナにも蔓延する”局内不倫”の実態」のページです。デイリーニュースオンラインは、離婚マスコミ女子アナ芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧