牛乳、豆乳に続く第3のミルク『ライスミルク』3種比較! 気になる味・におい・飲みやすさをチェック。

おためし新商品ナビ

牛乳、豆乳に続く第3のミルク『ライスミルク』3種比較! 気になる味・におい・飲みやすさをチェック。

日経トレンディ「2015年ヒット予測ランキング20」にて第4位にランクインした「ライスミルク」。健康ブームの今まさに、牛乳、豆乳に次ぐ第3のミルクとして注目が高まっている! そこで特に気になる国産ライスミルクブランド『GEN-MY』『玄米でつくったライスミルク』『月天らいすみるく』の3種を飲み比べてみた。

■そもそもライスミルクとは?
そもそも「ライスミルク」とは何なのか? 「豆乳」なら飲んだことがある人も多いだろうが、ライスミルクはまだまだ一般認知されていない。ライスミルクはその名の通り「米」(玄米)から作られている。豆乳同様、基本的には甘くない飲み物だ。米の粉末と水を基本として、各社独自の製法でサラリとしたミルク風のドリンクに仕立てている。海外のベジタリアンの中には「牛乳も牛を苦しめる製品だから摂りたくない」という主義を持つ人も多く、ライスミルクは牛乳の代用品として人気を集めた。海外では既にコンビニやスーパーで普通に買えるヘルシー・ドリンクという地位を獲得しているが、2015年、いよいよ日本にもブーム到来か!?  というわけだ。

今回は輸入品のライスミルクではなく、米にはうるさい日本人向けに、日本のメーカーが作った国産ライスミルク、3種類を比較する!


■3つの国産ライスミルク、まずは原材料を比較。
ライスミルクGENMYIMG_3220
国産ライスミルク、注目の3ブランドの原材料をそれぞれ見ていこう。まず最初に、『GEN-MY』(195mlパック)。こちらは福井県にあるケイ・エス・ティ・ワールド株式会社の商品で、国産初のライスミルクなのである。原材料は福井県産の玄米と水のみで、完全無添加! 独自製法により、各種ミネラル・栄養素はそのままに栄養吸収率を飛躍的に高めた植物性の酵素ドリンク。
玄米でつくったライスミルクIMG_3221
続いてはお醤油でおなじみのキッコーマン株式会社『玄米でつくったライスミルク』(190g缶)。もともとヨーロッパ生まれのライスミルクは、現在も輸入商品が多数を占めるが「輸入商品ではなく日本の国産玄米を材料としたライスミルクが飲みたい」という消費者の声に応えて開発された、国産玄米100%のライスミルクなのだ。
月天らいすみるくIMG_3229
そして、ひと際大きな『月天(げってん)らいすみるく』(900mlパック)。こちらは福岡県にある創業250年の老舗・翁酒造株式会社が製造する商品で、原材料は鹿児島県産「伊佐ヒノヒカリ」。ミネラル豊富な水、大きい寒暖差、粘土質の土という米づくりに最適な環境が生んだお米が贅沢に使われている。


そもそも輸入品のライスミルクは砂糖や油を足しているものがほとんどなのだが、国産ライスミルクはどれも原材料まで国産で、シンプルな構成にこだわっていることがわかる。

■いよいよ味を比較! 一番おいしいライスミルクはどれ?
ライスミルクGENMYIMG_3240
それではいよいよ、3つのライスミルクを飲み比べてみよう。紙パックに入った『GEN-MY』は、ストロー付きでどこでも手軽に飲めるタイプ。グラスに注いで色を確認してみると、玄米のイメージ通りのベージュ。香りはほとんどないが、玄米らしいにおいがわずかにする。
ライスミルクGENMYIMG_3241
ひとくち飲んでみると、なんだか懐かしい味が。甘さはほとんどないのだが、わらびもちの味にとても近い。牛乳よりも低カロリー・低脂肪であることは、あっさりとした飲み心地から納得できる。いわば“ヘルシー感”がある。
ライスミルクGENMYIMG_3243
ただし後味は、玄米の風味が強く、やや粉っぽさが残る。豆乳よりはクセがなく飲みやすいが、それでも豆乳と同様、好き嫌いがはっきり分かれそうだ。

■キッコーマンは優等生!
玄米でつくったライスミルクIMG_3246
次は『玄米でつくったライスミルク』を試飲。さきほどの『GEN-MY』よりはやや薄いベージュで、香りはこちらもほとんどしない。
玄米でつくったライスミルクIMG_3247
舌触りがとてもなめらかで、ごくごく飲める。味はあっさりしているが、お米本来の甘さをほのかに感じる。クセがない。
キッコーマンによると「玄米の栄養がそのまま取れるというイメージを持っていただいて大丈夫」というほどビタミンEや食物繊維等が含まれているそうで、子供にもおすすめのドリンクだ。
玄米でつくったライスミルクIMG_3249

■『月天(げってん)らいすみるく』は、塩が入ってあっさり、飲みやすい
最後は『月天らいすみるく』。ひと際大きな900mlパックは、酒造メーカーの製品だけに焼酎のパックを思わせる風貌。毎日1杯ずつ、コップに注いで飲みたいという方にはぴったりか。
月天らいすみるくIMG_3235
キャップを開けてグラスに中身を注ぐと、3種の中で最も白っぽく、お米をイメージさせる乳白色だった。コップ1杯で、お茶碗1杯分の玄米の栄養素が摂れるという。
月天らいすみるくIMG_3234
香りはやはりほとんどないのだが、ゴクリと飲んでみると塩とお米の甘みがふわっと広がった。玄米というより白米の甘みを感じる。塩で味を調整しているので、3種の中でもっとも飲みやすい仕上がり。
月天らいすみるくIMG_3237


■コストパフォーマンスも比較。
最後にお値段を比較してみよう。『GEN-MY』は税別275円、『玄米でつくったライスミルク』は税別200円、『月天らいすみるく』は税別600円。100mlあたりのお値段をみると141円、105円、66円で、『月天らいすみるく』は他2商品と比べてかなり安い。持ち運びはできないものの、毎日飲むなら相当お得だ。


■総論…それぞれのライスミルクの良さ
『GEN-MY』は価格で『月天らいすみるく』の倍以上、後味にもクセがあるが、決してダメというわけではない。オシャレな紙パックも相まって、ヘルシー気分を盛り上げてくれる味わいはナンバーワン。製法にもこだわっており、独自の酵素糖化製法により栄養素の維持と、栄養吸収率を飛躍的に高めているという。なにより日本で最初にライスミルクの製造販売にチャレンジした点を評価したい。
GEN-MY・米糖化飲料 195ml(225g) ×10本セット GEN-MY・米糖化飲料 195ml(225g) ×10本セット

キッコーマン『玄米でつくったライスミルク』は、ライスミルク初心者に安心してオススメできる。大手メーカーから発売されているライスミルクは現状これのみ。既に全国のスーパー、コンビニに並んでいるので入手も容易、味もさすがにそつのない仕上がりだ。この製品については以前、単体でも取材しているので、ご興味があればそちらもお読み頂きたい。
キッコーマン 玄米でつくったライスミルク 国産玄米100%使用 190g×10本 キッコーマン 玄米でつくったライスミルク 国産玄米100%使用 190g×10本

『月天らいすみるく』は飲みやすく、コスパに優れる。もしライスミルクを毎朝の習慣にしたいと最初から考えているなら、これを選んで間違いない。ただし900mlパックのみの展開なので、通勤途中のコンビニでサッと買ったりはできない。
また塩を入れたのは賛否が分かれるポイントかも。ヘルシー志向の強い人なら、混ぜもの無しで、よりオーガニックな味わいの『GEN-MY』を好むだろうと思われる。
ライスミルク比較IMG_3253
『GEN-MY』『玄米でつくったライスミルク』『月天らいすみるく』の購入は、全国のスーパーや量販店をはじめ、インターネット通販サイトで。ただし『月天らいすみるく』はAmazonなど大手通販サイトではなく公式サイトからの購入となる。


本レビューをご参考に、あなた好みのライスミルクを見つけて頂きたい!

「牛乳、豆乳に続く第3のミルク『ライスミルク』3種比較! 気になる味・におい・飲みやすさをチェック。」のページです。デイリーニュースオンラインは、ライスミルクカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧