27時間テレビのシャツに描かれた「DO HONKY」は白人に対する蔑称で「糞白人をヤレ!」という意味

ゴゴ通信

27時間テレビのシャツに描かれた「DO HONKY」は白人に対する蔑称で「糞白人をヤレ!」という意味

25日の18時30分から放送され先ほど終わった27時間テレビ『FNS27時間テレビ めちゃ×2ピンチってるッ!(フジテレビ)』だがその番組でスタッフが着ているシャツにとある議論が行われて居る。

今回の27時間テレビのテーマは「本気」であるが、それを英語で表記した文章が白人差別ではないかと言われている。シャツに描かれている内容は次の通り。

「NO FUN
 NO TV
 DO HONKY」

といういうもので、そのまま直訳すると「楽しくなく、テレビが無く、糞白人をヤレ!」という意味になる。最後の行のHONKYはHONKI(本気)とかけたようだが、実はこれは白人を蔑称するときのスラング。そのほかにも「honkey」や「honkie」というスラングがある。

スタッフの誰もが気づかずにシャツになってしまったのか、意図的なのかは不明だが、ネットでは不愉快に思っている人も居るようだ。

参照:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/41180/m0u/

「27時間テレビのシャツに描かれた「DO HONKY」は白人に対する蔑称で「糞白人をヤレ!」という意味」のページです。デイリーニュースオンラインは、糞白人をヤレ!DO HONKY27時間テレビシャツTシャツエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧