AKB48現役メンバーが「握手会中にスマホしていた」疑惑で大炎上

デイリーニュースオンライン

写真はtwitterより
写真はtwitterより

 SNS上でファンとやり取りするアイドルはもはや珍しくなく、炎上劇も頻繁に起こっている。そんな中、注目を集めているのがAKB48の竹内美宥(19)だ。7月25日、ファンのTwitterによって、「握手会中にスマホでゲームをしていた」と“告発”されてしまったのである。

 竹内は2日間に渡って「握手会中にスマホでゲーム疑惑」を否定しているが、一度火がつくと止まらないのがネットの怖いところ。別のファンが過去のツイートを洗い、検証を行うなど、事態の沈静化は遠のく一方となってる。

「ツムツム入ってないよw」

 事の発端となったファンのツイートを紹介しよう。

「AKB48の握手会、最後の最後で失望した なんで客が並んでるのにツムツムしてるのよ 完全に客をナメてるよね どれだけの人をそうやって欺いてきたの?後ろ盾失いたくないから所属し続けてるならAKB48に入る必要なんかないよ 完全に失望した」

 ここで言う「ツムツム」とは、「LINE:ディズニー ツムツム」で、スマートフォン向けの人気ゲームアプリだ。すぐさま竹内に対して、別のファンから真偽を問うツイートが行われた。

 そうした流れの中で、当人は、

「ツムツム入ってないよw」

 と、スマホ内にゲームがインストールされていないと反論。さらに翌27日には、

「写真のためや連絡を取るために携帯を握手会に持って入ることはよくありますが、さすがにファンの方と握手をしながら携帯を使うことはあり得ません。でも、どんな状況であってもファンの方を傷つけてしまったのであれば、私の責任ですね。良い握手ができるよう、私なりに頑張ります。ごめんなさい」

 と疑惑を完全否定した。

 ところがネット上では、今回の告発について“独自調査”を進める者が出現した。

 すると昨年、竹内が「つむつむやってます」とツイートしていたことが発掘されてしまった。また、そもそもの告発者に対して握手会の詳しい状況を聞き取りするアカウントも登場し、さながら“公開裁判”の様相を呈している。

 竹内は幼少期から芸能活動を行っていたが、2009年、AKBの9期生としてオーディションに合格。同期には島崎遥香(21)や横山由依(22)ら現AKBの中心メンバーが並んでいる。

「2013年には第一希望だった慶應義塾大学SFCに、AO入試で現役合格したことが話題に。また今年3月には、総選挙への立候補を『正直なところ今年出馬したとしても私はランクインできないと思います』と辞退したことから『卒業疑惑』が取り沙汰されましたが、本人はこれを否定しています」(芸能ライター)

 倉持明日香(25)、松井玲奈(24)と、総選挙辞退組が卒業発表するケースも散見されることから、竹内に関しても本人が否定するまでは「卒業説」が噴出していた。また、ネット上には、

「AO入試の合格査定に『AKBメンバー』という部分が該当しているため、学校を卒業するまでAKBは辞められない、という見立ても」(前出ライター)

 というだけに、ファンの間では議論を呼んでいる現状だ。

 握手会中の“ゲーム疑惑”について、真相は定かでないものの、こうしてファンとの泥試合が公になってしまう状況は、決して良い状況ではない。果たして疑惑の着地点は──。

(取材・文/一樹守)

ページの先頭へ戻る