浅田真央の父がDV容疑で逮捕…姉・舞の破天荒ぶりは親ゆずり!?

デイリーニュースオンライン

写真はオフィシャルサイトより
写真はオフィシャルサイトより

 現役続行を表明した浅田真央(24)と、現在はタレント活動を中心とする姉の浅田舞(27)。そんな姉妹の父親・浅田敏治氏(56)が暴行容疑で逮捕されていたと、7月30日発売の『週刊新潮』(新潮社)が伝えている。

 一家の母親・浅田匡子さん(享年48)は、真央がカナダでのGPファイナルを控えていた2011年12月に肝硬変のため死去。真央はファイナルを欠場して帰国したものの、死に際に間に合わなかった。だが次の全日本選手権では見事優勝。悲劇のエピソードとしてよく知られた話だ。

●注目記事:夏の正しい脱毛法!スベスベボディで彼を夢中にさせる方法

若い頃は"ナンバーワンホスト"だった真央パパ

 2014年2月のソチオリンピック終了後、真央は引退と現役続行の可能性について「ハーフ、ハーフ」と答え、約1年間の休養へ。日本中が待ち望むなか、今年5月18日に現役続行を表明した。

 しかし『週刊新潮』によると、真央が復帰宣言した直後の5月23日、父・敏治氏が逮捕されていた。前日の22日、敏治氏は交際相手の50代女性に対して暴力を振るったため、身の危険を感じた女性が警察に通報。女性は病院に緊急搬送され、敏治氏が逮捕されたという。

 若い頃は大阪のホストクラブでナンバー1だったという敏治氏は、30歳前に独立して複数の店舗を経営。1997年には、経営していたランジェリーパブをめぐって公然わいせつ容疑での逮捕歴もあるという。浅田姉妹の母である匡子さんとも「ホストと客」として出会って“できちゃった婚”。そうして生まれたのが姉の舞で、2年後に真央が誕生している。

 敏治氏は同誌の取材に対し「娘とは一切関係ない」と応えているが、舞や真央の父親である以上、やはり影響があるのではないだろうか。

 姉の浅田舞は、競技会などへの出場が見られなくなって以降、その破天荒ぶりが露出し、最近はすっかり“炎上芸人化”している。

 バラエティ番組で過去に家出をしたり、クラブ通いをしていたことを暴露。また、グラビア写真集を発売したこともあって、ネットでは「私生活の切り売り」「迷走してる」と辛辣な意見が噴出した。

 自身のことだけでなく、

「真央は恋愛経験が全くない」

 など妹ネタを持ち出すこともあり、「タチが悪い」「真央ちゃん可哀想」と批判が殺到したことも。

姉の破天荒ぶりは父親譲り!?

 さらに、真央の進退が明らかにされる前に行われたイベントでは、取材陣から妹の復帰について問われた中で、舞はこう語っている。

「フィギュアスケートって、サッカーとかとは違って1週間前に復帰したからって出来るものではないんです」

 この発言も、「サッカー選手に失礼!」など大炎上に発展した。

 このような舞の破天荒さは、父親の影響を少なからず受けているのかもしれない。舞と比べて炎上とは対極にいるように見える“優等生”の真央だが、逮捕された父親のことも含め、家族の影響で心を乱すことがないことを祈りたい。

(取材・文/一樹守)

●注目記事:夏の正しい脱毛法!スベスベボディで彼を夢中にさせる方法

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る