戦艦長門から米空母サラトガも! 沈没船を間近で見られる"レックダイビング"の魅力

デイリーニュースオンライン

写真はイメージです(Photo by Malcolm Browne via Flickr)
写真はイメージです(Photo by Malcolm Browne via Flickr)

戦艦「武蔵」、伊「402」潜水艦、特攻兵器「海龍」──戦後70年の節目となった今年、沈没した旧海軍艦船や特攻兵器が続々と発見されている。 「沈船には当時の夢とロマンが詰まっている。それを間近にみることで元気を分けてもらえる。だから潜りに行くんですよ!」  アマチュアダイバー歴10年という男性(32歳)は、“レック(沈船)・ダイビング”の魅力をこう語る。そもそも、地上の世界から切り離された海中への魅力からダイ...

「戦艦長門から米空母サラトガも! 沈没船を間近で見られる"レックダイビング"の魅力」のページです。デイリーニュースオンラインは、軍事アメリカカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧