再び金星を挙げた東京大学野球部! かつての「赤門エース」を大公開

デイリーニュースオンライン

プロでは活躍できなかったものの、東大野球部のエースとして活躍した松家卓弘
プロでは活躍できなかったものの、東大野球部のエースとして活躍した松家卓弘

東大が再び金星を挙げた。9月19日に神宮球場で行われた、東京六大学野球リーグ第2週第1日の試合で、東大が法大を5-2で下した。  東大は今秋のリーグ戦初勝利。さらに今春の最終カードで、同じ法大に6ー2で勝利した以来の連敗は、わずか4でストップさせた。  立役者は、背番号1を背負う宮台康平(湘南高)だ。6回を投げて法大打線から6三振を奪い、自責点2で抑え、待望のリーグ戦初勝利をマーク。打っては2打点を記録するな...

「再び金星を挙げた東京大学野球部! かつての「赤門エース」を大公開」のページです。デイリーニュースオンラインは、野球太郎スポーツスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧