オランダ統治時代の面影を残す観光スポット。台南の街中にたたずむ「赤崁楼」へ行ってみた。

GOTRIP!

オランダ統治時代の面影を残す観光スポット。台南の街中にたたずむ「赤崁楼」へ行ってみた。

台南市は台湾島で最も早くに開けた古都で、寺院や廟など史跡が数多く点在することから「台湾の京都」とも呼ばれ、台湾の古都として多くの人々から愛されています。 1949年に台北が首都となるまで、長きにわたり台湾の中心地であった台南は当時の面影の残る建物も多く現存し、歴史を感じるレトロな街並みは、台湾の都市のなかでも多くの旅行者を魅了する場所の1つ。 そんな台南には、オランダ統治時代の名残が見られる観光スポッ...

「オランダ統治時代の面影を残す観光スポット。台南の街中にたたずむ「赤崁楼」へ行ってみた。」のページです。デイリーニュースオンラインは、鄭成功赤崁楼台南オランダ台湾カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧