太古日本の伝統技法で。縄文時代の技法で自然とやさしく調和する「和紙の縄文編みバッグ」

Japaaan

太古日本の伝統技法で。縄文時代の技法で自然とやさしく調和する「和紙の縄文編みバッグ」

ライフスタイルブランド「principle of overprint」から、伝統的な技法縄文編みで和紙を編んで作ったバッグが登場しました。 縄文編みはその名の通り、縄文時代から現代に続く伝統的な技法。かつては海や山での収穫物を入れるカゴやむしろなどが縄文編みで作られていました。現在はほとんど使われなくなっており、新潟県の離島「粟島」では、今も当時と同じ編み方で運搬具「テゴ」を作り使っています。 和紙の縄文編みバッグ...

「太古日本の伝統技法で。縄文時代の技法で自然とやさしく調和する「和紙の縄文編みバッグ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、縄文時代バッグ和紙カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧