【プロ野球】復活を期すヤクルト打線。カギをにぎるのは川端慎吾と畠山和洋の2人だ!

デイリーニュースオンライン

復活を期すヤクルト打線
復活を期すヤクルト打線

■リーグ優勝から一転して下位に、  2015年は投打が噛み合い、14年ぶりにセ・リーグ覇者となったヤクルト。ところが、そこから一転、昨季は5位に沈んだ。  その要因のひとつは、2015年の3.31から4.73へとチーム防御率が下落したように投壊状態となったこと。それに加えて、主力野手にケガが相次いだことも悪影響を及ぼした。特に2015年の打撃部門のタイトルを獲得した川端慎吾と畠山和洋の戦線離脱のダメージは大きかった。 ...

「【プロ野球】復活を期すヤクルト打線。カギをにぎるのは川端慎吾と畠山和洋の2人だ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、畠山和洋ヤクルトスワローズ川端慎吾野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧