吉高由里子「東京タラレバ娘」が“枕”の設定を改変するしかなかった裏事情

アサ芸プラス

吉高由里子「東京タラレバ娘」が“枕”の設定を改変するしかなかった裏事情

1月25日に放送されたテレビドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)第2話の視聴率が、11.5%を記録。初回視聴率13.8%から2.3%ダウンとなった。「ドラマを観た視聴者からは賛否が分かれており、原作では33歳設定の主人公たちが、ドラマでは30歳にされていること。さらに吉高由里子の実年齢が28歳で、悲壮感がないという部分などが一部原作ファンから敬遠されているようです」(テレビ誌記者) さらに、原作の設定だけでなく...

「吉高由里子「東京タラレバ娘」が“枕”の設定を改変するしかなかった裏事情」のページです。デイリーニュースオンラインは、東京タラレバ娘坂口健太郎吉高由里子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧