いつか第一歩を刻むことを信じて。NASAの探査機が観測し続けてきた火星、20年の歴史

カラパイア

いつか第一歩を刻むことを信じて。NASAの探査機が観測し続けてきた火星、20年の歴史
いつか第一歩を刻むことを信じて。NASAの探査機が観測し続けてきた火星、20年の歴史

1997年以来、ほぼ途切れることなく火星を探検し続けているNASAの火星探査機。彼らの孤独な探検は今年で20年目となる。 そこで海外メディアではその地道な作業を称えるべく、マーズ・パスファインダーやスピリット、キュリオシティといった探査機による見事な画像を特集し、彼らの20周年記念を祝っている。 いつか人類が踏み入れるであろう火星上陸を夢見て、火星のその姿を目に刻んでいくことにしよう、そうしよう。1. 火星で...

注目記事
「いつか第一歩を刻むことを信じて。NASAの探査機が観測し続けてきた火星、20年の歴史」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧