史上空前の将棋ブームはいつまで続くのか?

まいじつ

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

将棋の藤井聡太四段の公式戦連勝記録更新は、世間を大いに沸かせた。 14歳2カ月という史上最年少でのプロ入りを果たした藤井四段(四段昇段日2016年10月1日付)は、このときも14歳2カ月という四段昇段年齢が新記録になっている。それまでは、加藤一二三九段の14歳7カ月が最年少で、これを62年ぶりに更新した。昨年の12月24日が藤井四段のプロデビュー戦の日であり、その初めての公式戦の相手となったのが、それまでの記録保持者...

「史上空前の将棋ブームはいつまで続くのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤井聡太将棋カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧