水を売る?夏限定、江戸時代のおもしろ商売「冷や水売り」を詳しく解説

Japaaan

水を売る?夏限定、江戸時代のおもしろ商売「冷や水売り」を詳しく解説

江戸時代、夏の間だけ多く出回った「冷や水売り」。彼らは白玉入りの冷たくて甘い水を売り歩きました。井戸で汲んだ冷たい水をたっぷり入れた桶やら荷を担ぎ町の辻々に現れては、真鍮製や錫製の椀に冷や水を汲んで、1杯4文で売ってくれるのです。 楊洲周延「時代かゞみ 弘化之頃(部分)」国立国会図書館蔵 楊洲周延が描いた冷や水売りの一コマ、「あいよ、冷や水1杯!」「わーい!」・・・なんていう水売りと坊やのやりとりが...

「水を売る?夏限定、江戸時代のおもしろ商売「冷や水売り」を詳しく解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸時代雑学職業カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧