大都市・お江戸には”宿無し”もたくさん…仕事を斡旋してくれた「口入屋」が大活躍

Japaaan

大都市・お江戸には”宿無し”もたくさん…仕事を斡旋してくれた「口入屋」が大活躍

江戸時代に住民を管理していた書類とは 大都市の江戸には、住民登録していない者も多数。当時は住民登録という言葉がなく、現代の戸籍台帳の役割を果たすものは人別帳(にんべつちょう)と呼ばれていました。この人別帳に登録されない者が、無宿人です。その名前の通り、宿無しのことですね。無宿人になったいきさつは様々で、親に勘当された人もいれば犯罪を犯して夜逃げしてきた人もいたそう。 仕事するなら口入屋 無宿人でも...

「大都市・お江戸には”宿無し”もたくさん…仕事を斡旋してくれた「口入屋」が大活躍」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸時代雑学職業カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧