税理士も頭を悩ませる「為替差益を計上するタイミング」について専門家が解説

相談LINE

税理士も頭を悩ませる「為替差益を計上するタイミング」について専門家が解説

個人の確定申告で税理士も頭を悩ませる問題の一つに、為替差益の問題があります。為替差益とは、外貨建ての資産を持っている場合における、円換算による利益を言います。例えば、一ドル100円の時に1万ドルの預金をした場合、1ドルが120円になれば、為替差益は20万円(=(120円―100円)×1万ドル)と計算されます。 この為替差益については、所得税の計算上雑所得として課税されることになりますが、実務上、問...

注目記事
「税理士も頭を悩ませる「為替差益を計上するタイミング」について専門家が解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧