死亡保険金受取の際、控除が受けられず相続税増額となるケースの解説と対策

心に残る家族葬

死亡保険金受取の際、控除が受けられず相続税増額となるケースの解説と対策

生命保険の死亡保険金の受取人は配偶者という方が多いだろう。夫婦で加入し、双方を死亡保険金の受取人としている方もいるだろう。もしも夫婦のどちらかが亡くなり、残った配偶者が死亡保険金を受け取った場合、当然死亡保険金は相続財産となり、相続税が課税される。だが、相続税法の規定によって、配偶者控除や保険金控除を利用すれば、納付すべき相続税額を軽減できる。しかし稀に控除規定が利用できないばかりか、相続税額...

注目記事
「死亡保険金受取の際、控除が受けられず相続税増額となるケースの解説と対策」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧