本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(1)鑑定士が選ぶ「極旨」の6篇

アサ芸プラス

本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(1)鑑定士が選ぶ「極旨」の6篇

事件の核に、男と女あり。とすれば実録映画に当然あるのは、美女優たちのベッドシーンだろう。男女のカラミにおける研究の第一人者である映画評論家・松井修氏が推す「実録映画の名カラミ」とは。 私のような“藤真利子原理主義者”にとって大傑作だったのが、50年に別子銅山の社宅で起こった爆破事件により、母娘の死体が発見された事件をもとにした同名小説の映画「薄化粧」(85年、松竹)でしょう。 藤真利子(62)は豊満な...

注目記事
「本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(1)鑑定士が選ぶ「極旨」の6篇」のページです。デイリーニュースオンラインは、復讐するは我にあり天国の駅薄化粧完全なる飼育吉永小百合エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧