死後離婚した場合の義親の扶養義務と遺族年金も含めた相続について解説

心に残る家族葬

死後離婚した場合の義親の扶養義務と遺族年金も含めた相続について解説

死後離婚という言葉が注目を集めているらしい。筆者も調べてみたのだが、内容は配偶者が亡くなった後、姻族関係終了届(民法第728条2項他)を居住する市町村に提出し、亡くなった配偶者の両親や兄弟姉妹との法的な関係を無効とすることだ。更に、婚姻によって別姓となった人が、姻族関係終了届を提出すると同時に復氏届(民法第767条1項他)を提出し、婚姻前の旧姓に戻すこともセットで行われているようだ。ここで最も気になる...

注目記事
「死後離婚した場合の義親の扶養義務と遺族年金も含めた相続について解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧