沖縄・保育園の落下物は狂言だった?米軍不祥事を待ち望む”プロ市民”の愚行

デイリーニュースオンライン

沖縄・保育園の落下物は狂言だった?米軍不祥事を待ち望む”プロ市民”の愚行(写真はイメージです)
沖縄・保育園の落下物は狂言だった?米軍不祥事を待ち望む”プロ市民”の愚行(写真はイメージです)

沖縄の米軍普天間飛行場(宜野湾市)から300メートルにある「緑ケ丘保育園(普天間バプテスト教会)」の屋根に、円筒状の物体が落下するというトラブルが7日、マスコミ各社に報じられた。新聞・テレビの「また沖縄で米軍が問題を起こした」という論調に、当初からSNS上では「なにか変だ」と疑問を投げかける意見が多かったが、ここに来て新たな展開を見せている。 「そもそも200メートル上空から落下したのに、公開されたプラ...

「沖縄・保育園の落下物は狂言だった?米軍不祥事を待ち望む”プロ市民”の愚行」のページです。デイリーニュースオンラインは、プロ市民辺野古移設沖縄社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧