鈴木哲夫の政界インサイド「阪神・淡路大震災の復興は道半ば」

アサ芸プラス

鈴木哲夫の政界インサイド「阪神・淡路大震災の復興は道半ば」

あれからもう23年、いや、まだ23年と言うべきか──。 政治がとるべき態度は後者、「まだ」のほうだと思う。この1月17日で阪神・淡路大震災から23年が経過。いまだ、あの時の傷を引きずる人は多いからだ。 現在、とりわけ政治や行政に重くのしかかっているのが、災害復興公営住宅での孤独死。去年1年間で64人がひっそりと亡くなった。累計でも1027人が孤独死している。 震災で住む場所を失った被災者が仮設住宅を出て、自宅を...

「鈴木哲夫の政界インサイド「阪神・淡路大震災の復興は道半ば」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2018年 2/1号鈴木哲夫被災者阪神・淡路大震災被災地社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧