いまさら聞けない生産緑地の2022年問題と相続税の優遇措置とは?

心に残る家族葬

いまさら聞けない生産緑地の2022年問題と相続税の優遇措置とは?

都心では中々お目に掛かれないが、郊外に行くと散見できる農地。その農地において一定の要件を満たし、各市町村長から指定を受けていれば当該農地は生産緑地と呼ばれる。生産緑地は、固定資産税の低減(一般的な宅地の200分の1)や相続税の納税猶予(相続税法第70条6項他)と言った優遇措置が適用されている。2022年(元号不明により割愛)に優遇措置の経過期間が期限切れとなり、優遇措置の適用を受けることができなくなる。適...

注目記事
「いまさら聞けない生産緑地の2022年問題と相続税の優遇措置とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧